日中記者交換協定

 

1964年に締結された日中新聞記者交換協定は、中国側に不利な記事は書かないと約束する屈辱的なものであった。新聞が、報道の自由をみずから踏みにじった自殺行為でもあった。

その日中間の記者交換は、73年末で失効することになつたため,両国政府間で,これに代る取極を締結することに合意した。その結果,記者交換に関する交換公文は,74年1月5日,在中国日本大使館橋本参事官と王珍中国外交部新聞局副局長との間で交された。しかし、その内容は公表されていない。

よって、国会は、以下の決議を行う必要がある。

 

①74年の交換公文の内容を公表することを求める。また、外務省は、中国に関する正確な記事を確保するためにいかなる交渉、外交努力を行ってきたのかを公表することを合わせて求める。

②中国に関する記事の書き方について、編集方針を定め、あるいは暗黙の了解を取り決めている報道各社は、それを公表することを求める。

③「記者の国外退去または逮捕を免れるためには、中国当局への迎合記事を書くことはやむを得ない」という方針を明示または黙示的にも有していないことを報道各社は正式に発表することを求める。

④一つの報道組織に対する不法、不当な退去要求または逮捕、抑留事件が生じたときは、一斉にこれを非難するなど抗議の意思表示を行うことを報道組織間の協定で結ぶよう求める。